昨日無事シンセンに帰ってまいりました。

いろんな意味でソウル旅行は、有意義でした。

では、思い出集の続きを。。。

口が痛い、お尻が痛い(韓国料理について)

マシッソヨ!! (おいしい!)

韓国料理は、本当においしいですね~

日本料理の味付けの基本は、

塩、コショウ、しょうゆ ですが、

ここ韓国では唐辛子、にんにく!

さらに、彩り鮮やかで韓国料理は、

最低5つの食材、5つの色!

を使うと言われます。

→ビビンバとかは典型ですね。
 
 単なる混ぜご飯なのにいろんなものを入れている。

このような栄養バランスの取れた食事を取っているので、

韓国人女性はきれいなのでしょう。

  • カルビ
  • テジカルビ
  • プルコギ
  • ポッサム(ブタ)
  • チョッパル(豚足)
  • ビビンバ
  • チャジャンミョン(ジャージャー麺)

などいろいろなものを食べましたがおいしかった~

特に私は、韓国版ジャージャー麺がお気に入りでした。

ジャージャー麺は本来中国のものですが、

韓国風にアレンジされた味になっています。

日本でも中国でも食べれない

この韓国版ジャージャー麺はものすごくおススメです。

中国おもしろ珍道中,中国最新情報,韓国料理,ソウル

韓国版ジャージャー麺

中国おもしろ珍道中,中国最新情報,韓国料理,ソウル

定番、カルビ!!

いろいろと韓国料理を褒めていますが、

慣れるまでは、大変でした。

最初はキムチなどの辛さで舌や口の周りが

ビリビリするのは当然なのですが、

その後。。。

あれ??? なんかお尻の穴がヒリヒリする。。。

かなり考えたのですが、きっとコレは

”唐辛子&にんにく”を含んだアレが通っていくので

お尻の穴までヒリヒリするのかな~?と思いました。

辛い物の取りすぎには注意しましょう。

なにこの 温泉マーク

街中を歩いていて非常に不思議に思うこの看板。

日本の温泉マークの下に何かハングル文字が書いています。

しかしいろんなパターンが。。。

(ハングル文字を読むと。。。)

”サウナ” ”モテル” ”ヨグァン” などなど

私と友達Nくん(男です)でその温泉マークの方向へ

進んでいくと。。。

何か見たことある駐車場の作り。。。

そこで、再度ハングルを読む ”モテル”。。。

あー、モーテルか。 あはは

男二人でラブホテルの前でニタニタ。 

他所の人が見たらどう思ったんだろうか。。。

中国おもしろ珍道中,中国最新情報,韓国料理,ソウル

不思議な温泉マーク

カジノ in ソウル

これは、ガイドブックに乗っていたので行って来ました。

シェラトン・ブランデ・ウォーカーヒルにある

パラダイスウォーカーヒルカジノ”!

以前はマカオのギャンブル大将 だった私ですが、

ここソウルのカジノは。。。

ゴージャス!!! 

ソウルのカジノは、マカオよりラスベガスに近い感じでした。

飲み物飲み放題!

カジノ内の喫茶室みたいのがあるのですが、

そこのおねーさんはみんな美人!

しかも、中で飲むコーヒーなどは全て無料。

さらにビックリするのは、その喫茶室に入ると

いきなり日本語で話しかけられます。

その後他の客が入ると中国語で話しかけます。。。

→おねーさんたちは外見を見ただけで、

 日本人、中国人、韓国人を

 ほぼ100%見分けているのです。

 (コレは本当にすごい才能だ!と思った。)

私はマカオで鍛えた”大小(ビックアンドスモール)”で

賭けたのですが、

ディーラー(韓国人)は少し発音のおかしい中国語を

使っています。

いやー、富裕層の中国人はどの国でも

いいお客さんなんだな~

と改めて認識する事ができたそんな思い出をつくった

ソウルカジノ体験でした。

(結果は、20000ウォン:約2500円 のチョロ負け!でした。)

→結婚してからは、昔のようにド派手に

 ギャンブルしなくなりました。 あはは

舌はみがき(初アカスリ体験)

私が、韓国へ来た目的は、

1、友達Nくんに会う

2、大好きなビビンバを食い倒れる

3、初のアカスリ体験をする。

の3つでした。

そこで、料金は少し高いのですが男二人でアカスリ専門店へ。。。

お風呂に入ったあとアカスリ+オイルマッサージがあるのですが、

ネガティブ思考のNくんは、、、

N) ”あれ~、なんであの二人のおじさんは

   短パン着ながら風呂に入っているんだ?”

私) ”さあね~”

N) ”まさか、あのふたりのおじさんが

   俺らのアカスリをするんじゃないの??”

私) ”まさか~、あのおっさんらが俺らの肌を触るはずがないよ~”

 ※ポジティブ思考の私は、今までいろんなところで

  マッサージ体験がありますが、生まれてから

  一度も男によるマッサージを受けたことはなかったので、

  おじさんたちがアカスリするなんて考えもしなかった。

すると、Nくんがそのおじさんたちを見ながら。。。

N) ”歯磨きしてたんだけど、舌まで磨き始めた。。。 

    何する気だ~。”

 →そうです。 韓国の人は歯磨きの時、

  舌(べろ)まで磨くのでした。。。

  しかしそれを知らないNくんはいけない想像まで

  始めてしまった。(まさかペロペロ?)

Nくんの予感は当たりました。

おじさんのひとり(少し筋肉質のおじさんだった)が、

私に向かって。 

”はい、どうぞこちらへ!”と言ってきた。

ま、まさか~。。。

私ら二人は、

このおじさんふたりにアカスリされたのですが、

アカスリ後のオイルマッサージは、一体誰が。。。

ネガティブ思考のNくんは、

”絶対、あのおじさんたちでしょ。 終わった。。。”

ポジティブ思考の私は、

”オイルマッサージは、さすがにおっさんじゃないでしょ。。。”

結果は、、、 Nくんに軍配があがった。

私の少し筋肉質のおじさんが、私のお尻にオイルを塗りながら、

”は~い、 つゅるつゅる~ (ツルツル)”
 
と少し変な日本語を使いながら

オイル越しに私のお尻を触っています。

本当に最低です。。。

いまだに、あの筋肉質のおじさんの

”つゅるつゅる~”が頭に残っています。

この旅行最低の思い出はきっとこの体験だったでしょう。

→でも、後々考えると一番笑ってしまうイヤな体験でした。 あはは

次回からは、中国のお話をします。

では、また

(2020年加筆)

はい、この最低の思い出

(おっさんにオイル越しでじかにお尻をマッサージされる)は

いまでも覚えてますね。。。

苦い記憶ですが、今となっては笑い話です。


あと、このときのマカオは古びた老舗カジノが多かったですが、

今はラスベガス資本が入り、新しくてきれいなカジノが多いので

ソウルのカジノには負けないでしょうね。