最先端の香港

先週のお話ですが、4/4(土)は清明節でした。

よって、私の勤める会社は月曜日が代休で3連休でした。

”清明節”とは、簡単に言うと中国の”お彼岸”です。

中国に住む日本人の私には、まったくそんなものは関係なく

単純に休暇を満喫しておりました。

この清明節当日私は、私用で久しぶりに香港へ行って

まいりましたが、う~ん。。。

やっぱり香港! 進んでる~

と思いました。

私はシンセンのナンリン村からセレブ地区”南山区”へ

引越ししてきて、

”いや~シンセン(南山区)は、何もかもあるし便利だ~!”

と思っていましたが、いやいや、国際都市香港と比較すると

まだまだ数歩劣っています。

・地下鉄は日本の東京までは行きませんが、入り組んでおり

 どこへ行くのも便利。

・現金なしで不自由しない

 (オクトパスカードとクレジットカードのみでOK)

 ※オクトパスカード:日本のパスモのようなもので

           パスモよりずっと歴史が深いです。

・治安がよくいろいろな外国人が住んでいる。

・ジャッキー・チェンの最新作【新宿インシデント】も

 見ることが出来る。(笑)

 ※日本では、5/1公開のようですね。 日本より早い 笑

中国おもしろ珍道中,中国最新情報,香港旅行,中国語講座,香港映画,新宿インシデント

・ホモまでいる。←今回ちょっとびっくりした。

 (地下鉄を待っているとき、西洋人(男)と薄い化粧をして

  ピアスをつけてる痩せてちょっと筋肉質の東洋人(男)が

  腕組んでいた。。。)

 ⇒中国大陸でも同性愛者はいると思いますが、絶対に正体を

  あらわしません。

 (思想的にまだ遅れているため、ホモを受け入れることは

  まだ出来ないと思います。 今なら変人扱いされるでしょうね。)

  その点、香港は思想的にも進んでおり大丈夫なようです。

シンセン南山区(特区内)  が数歩進むと 香港

シンセンナンリン村(特区外)が 数10歩進むと 香港

河南省(愛妻の実家:農村) が 100歩くらい進むと 香港

になるのでしょうね。

(それにしてもすごい地域格差だ。。。)

今回は、香港の先端ぶりをご紹介したお話でした。

(単なるホモの話やんけ〜 笑)

果物と野菜の中国語

中国語学習者の方! こんにちわ~!!

【私の愛娘と一緒に中国語を勉強しましょう!】 のコーナーです。
  ↓
なんじゃそのコーナー? 笑

これ私の愛妻が私の愛娘のために買った張り紙です。

中国ではこのような子供の教育のための張り紙を

家にぺたぺた貼る習慣があります。

中国語学習者の方にとっては役に立つかも?と思い

写真撮りましたので見てみてください。

いくつ知ってますか~??

中国おもしろ珍道中,中国最新情報,香港旅行,中国語講座,香港映画,新宿インシデント
中国おもしろ珍道中,中国最新情報,香港旅行,中国語講座,香港映画,新宿インシデント

(2020年加筆)

今となっては、香港とシンセンは思想的な面と自由度を除けば

大差なくなってしまいましたね。

香港返還の1997年の時は、香港とシンセンの間にある

国境をなくすなんて考えられませんでしたし、

この記事を書いた時点(2009年)でもまだ考えられませんでしたが、

返還から20年以上経った現在だと”一国二制度は 50年”と

言ってましたが、50年もいらない感じになってきたように思えます。

しかし、香港側の人は当然猛反対して、抗議デモがすごいことに

なってしまいましたが、経済格差はあまり内容に思います。

今後も目が話せませんね。